FC2ブログ
吉澤武彦のメールニュース「Muzinzo」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七夕

━━━━━━━━━━ Muzinzo vol.10 ━━━━━━━━━━
             七夕  ◆吉澤武彦◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
七夕から早3日たちましたが、書いておきたかったので、遅れば
せながら七夕の日の事を書かせていただきます。

7月7日はキャンドルナイトワンピースで最後のキャンドルナイ
トを実施する日でした。
つまり事務局である僕が1ヶ月以上この火を守らせていただく最
後の日だったのです。

僕はその日は愛知県に行きました。平和の火を持って愛知教育大
学に行き、先生を目指す学生に平和の火に触れてもらうために大
阪からバスに乗って行きました。

愛知教育大学は副学長の折出先生が広島出身という事もあり、平
和教育が積極的に行われ、広島市庁舎の被爆した敷石の記念碑
を設置し、その設置と同時に平和学という選択科目も実施するような
大学です。

このご縁というのが面白いのですが、昨年名古屋タイムズという
新聞に僕らの活動が紹介され、その時記事を書いてくださった記
者の中原さんが名古屋タイムズが廃刊になった後、この大学の広
報にこの春から就職され、熱心に平和について取り組んでいる大
学だからという事で僕に声をかけて頂き訪問させていただく事にな
ったのです。

しかも以前Muzinzoで紹介したヒッチハイクで平和の火を北海道
まで運んだ杉山天才こーじ君が北海道から戻り、今その愛知教育
大学から車で10分位の所に住んでいるというのです。

縁ってホント面白いですね。

せっかくなら僕の話なんかより、火の温もりを感じていただく方
が学生にとって意味のある経験になると思い、火の管理させて
いただいているで調整し、ギリギリの日程で火と天才こーじ君と
共に伺う事になったのです。

学生と話をする前に副学長の折出先生と面談をさせて頂きました。
折出先生は僕らを温かく迎えていただき、僕の話を穏やかに聞い
ていただきました。そして大学と平和の火との出会いを本当に喜
んでいただきました。

面談の後、ある自主ゼミのクラスで約30人の学生にお話をさせて
いただきました。
ろうそくに灯した火を順番に手に取っていただきながら、この火
の説明をした後、天才コージ君に自分の経験を語ってもらいました。

「愛知県では今年は参加者ゼロでした。僕は来年東海エリアの代
表としてやっていく予定です。皆さん、愛知県を一緒に盛り上げ
ませんか?」

そう語っているヒッチハイクで更に浅黒くなっていたコージの話
を聞いていて本当に嬉しかったです。

朝日、毎日、中日の記者さんが来られており、記事にしていただき
ました。(わたくし、めずらしくジャケットを着ております)
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000000907080003

愛知からそのまま実家の姫路まで新幹線で帰りました。

家に着いたのが23時30分。電話で最後のキャンドルナイトの報告
を確認し、部屋で落ち着いたのが23時45分。
それから15分だけ一人で平和の火でキャドルナイトを行いました。

約4ヶ月、スタッフと共に走り続けました。
ピースステーションやリサイクルキャンドル等新しい試みにも挑
戦しました。
この間、スタッフやピースフレンドの何人もの涙を直接、電話越
しに見ました。
火を見つめて、一連の今回の動きを思い起こしていると、いたら
ない自分が色々と思い起こされて、言葉としてでてきたのが
「ごめんなさい」
でした。それが3回ぐらい続けて出てきました。
「ごめんなさい」が出尽くした後、ゆっくりと「ありがとう」が
出てきました。

たくさんの人達の大切な心を育んでくれて
たくさんの人達のご縁を作ってくれて
僕にたくさんの事を教えてくれて

心からありがとう。

24時きっちりに火を消しました。

お蔭様で無事キャンドルナイトワンピースは全てのキャンドルナ
イトを終了する事が出来ました。

色々とご協力いただきありがとうございました。

────────────────────────────
 編集後記
────────────────────────────
1ヶ月一緒に過ごした平和の火が手元に無い事に少し寂しさすらく感
じています。
しかし、新しいプロジェクトがゆっくりと動き出しています。
昨年の日韓クルーズでのご縁で在韓ヒバクシャの方々が多く住ま
れ韓国のヒロシマと呼ばれている「陜川(ハプチョン)」での平
和の火のキャンドルナイトを実施する話を頂き、先月辺りから本
格的に話を進めているのです。
大切な機会になると思うので、丁寧に進めたいと思っております。
秋頃に実施を予定しておりますが、また詳しい事が決まりました
らこのメールニュースで報告させていただきます。

【日韓クルーズ「Peace&Green Boat2008」開催報告】
http://www.1pi-ce.jp/files/PeaceGreen/HoukokuP&G.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★このメールニュースは転送、転載大歓迎です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
メールフォーム
購読希望の方は、件名「Muzinzo購読希望」でお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

吉澤武彦

Author:吉澤武彦
日常全てが夢である

360°の方向性と
無限大の可能性を心と体全体に感じながら

自由に

大きく

繊細に

大胆に

この地球というキャンパスに

おもいっきり表現していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセス数
twitter
音声です。
FMわいわいで2010年3月1日に放送された内容です。キャンドルナイトワンピースとTENSEIブーメランの事について紹介しました。
気軽にやってみてください!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。