吉澤武彦のメールニュース「Muzinzo」です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

714Xと6人の医師

━━━━━━━━━━ Muzinzo vol.52 ━━━━━━━━━━
       714Xと6人の医師  ◆吉澤武彦◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私が昨年の春から関わり取り組んでいる活動があります。
『ガストン・ネサーン・アカデミー設立準備室』です。

フランス人生物学者『ガストン・ネサーン氏』の研究成果を伝え、
それに取り組む医師の方々をサポートするのがその活動なのですが

この度、設立準備室から『714Xと6人の医師』という冊子を発刊し
ホームページで無料でダウンロードできるようにしました。

http://www.gaston-academy.org/home.html

ダウンロードする事が困難な方には冊子を無料(着払い)でお送り
します。(3月上旬に配布の準備が整う予定です)


今日は、この冊子について少し説明させていただきますね。

「ガストン・ネサーン氏」は21歳の時「ソマトスコープ」という
3万倍の倍率で分解能150オングストロームの顕微鏡を開発しました。

(私が国内外の顕微鏡メーカーを調べた限り、1500~2000倍あたり
が現在の光学顕微鏡の限界のようでした。要は二十歳そこそこで
すごい顕微鏡を開発してしまったのです)

それで血液の中等に極小の有機体を発見し「ソマチッド」と名づけ
その研究を進めていきました。
(冊子の5ページにソマチッドの写真を掲載してます。)

その研究の過程で「ソマチッド」が人の免疫機能の状態によって
形態を16通りに変化させる(冊子の136ページで紹介)、つまり
「ソマチッド」の状態を見るとその人の免疫状態が健全か
そうでないかが判断できる「免疫機能のバロメーター」である事を
つきとめました。
そして、そのソマチッドを観察・研究しながら免疫製剤「714X」を
開発しました。

ガストン・ネサーン氏は現在、カナダのケベック州シェルブルックと
いう小さな町で、87歳というご高齢にもかかわらず、今でもソマト
スコープでソマチッドを研究し続け、彼の開発した「714X」は様々な
国々で使用されています。

しかし、ネサーン氏の研究は、世界に一台しかないソマトスコープと
いう顕微鏡で観察された非常に貴重な内容であるにも関わらず、
様々な妨害を受け続け、その研究成果を発表する機会を過去幾度と
なく失ってきました。

そのため日本でもその情報をあまり知られていなかったり、多くの
間違った解釈がされていたりしました。

そこで「714X」やネサーン氏の研究成果「ソマチッド正統生物学」に
関心を持った医師達が、4年前から直接ネサーン氏を訪ね、ソマトス
コープで映し出されるソマチッドをその目で確かめ、彼の理論を学び、
日本での「714X」の臨床が始まったのです。
(直接お話を伺う事で初めて様々な間違った解釈がわかったのです)

今回発行する冊子『714Xと6人の医師』は昨年6月に開催された
ガストン・ネサーン・アカデミー主催の「第3回714Xカナダセミナー」
にご参加いただいた6人の医師達がその報告を寄稿いただいたものです。

先生方には自由に寄稿いただいたため、当然重複する箇所などもござ
いますが、それぞれの解釈の元、本音の生の情報となっております。

ぜひ一度ダウンロードして読んでみてください。

http://www.gaston-academy.org/home.html

幸運な事に私も昨年の6月にキャンドルナイトをやっている最中
でしたがセミナーに事務局スタッフとして参加させていただく事が
できました。

ソマトスコープに映し出されたソマチッドを見ると、教科書に載って
いない、つまり生物学や医学の常識の「外」の世界が当たり前に存在
していて、そこに人類を一歩前に進める大きな可能性を感じました。

一人でも多くの医師の方にこの世界を体験していただき、その可能性を
現実のものにしていただくことが今年の私の大切な仕事です。
今年で88歳になるガストン・ネサーン氏に直接触れていただきたいです。

◎ガストン・ネサーン氏や714Xについては上述のアカデミー
のHPや下記イーハトーヴクリニックのHPにも詳しく紹介されてます。

http://ihatovo-clinic.com/714x.html

────────────────────────────
 編集後記
────────────────────────────
昨年末に発行してから気がつけば2ヶ月が経ちました。

この間何をしていたかというと、少し変に聞こえるかもしれ
ませんが、年越しに2ヶ月かかった感じでした。

2010年にやり残した事や私の中で消化しきれていない感情等
が溜まったままその一つ一つに向き合い、どうにかこうにか色々
やっていたという感じです。

上手く説明できないのですが、自分に必要だと感じる事を
色々やっていてようやく2010年という殻を脱皮して新しい
自分として、2ヶ月前とは違った感覚で大地に立つ事がで
きはじめたような気がします。

う~ん、おそらく昨年は忘年会をやらなかったので
年越しにこんなに時間がかかったのだと思います。(笑)

本年もよろしくです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇Muzinzoの登録・停止◆

登録:件名に「Muzinzo購読希望」と明記し、お名前・配信を希
望するアドレスを記載の上takehiko@gaea.ocn.ne.jpまでご連絡
ください。

停止:件名に「Muzinzo配信停止希望」と明記し、お名前・配信
を希望するアドレスを記載の上takehiko@gaea.ocn.ne.jpまでご
連絡ください。

────────────────────────────
★このメールニュースは転送、転載大歓迎です。
スポンサーサイト
メールフォーム
購読希望の方は、件名「Muzinzo購読希望」でお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

吉澤武彦

Author:吉澤武彦
日常全てが夢である

360°の方向性と
無限大の可能性を心と体全体に感じながら

自由に

大きく

繊細に

大胆に

この地球というキャンパスに

おもいっきり表現していきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセス数
twitter
音声です。
FMわいわいで2010年3月1日に放送された内容です。キャンドルナイトワンピースとTENSEIブーメランの事について紹介しました。
気軽にやってみてください!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。